« JFN「OH!HAPPY MORNING」 | トップページ | JAグリーン長野合併20周年記念 グリーンフェスティバル »

2013年10月 3日 (木)

AMラジオ~恋の予感~

10312_2

今週のゲストは、生き物のドキュメンタリー映画といえば第一人者の監督、岩崎雅典さんです。
「イヌワシ風の砦」や「ニホンザル モズ 26年の生涯」この名作を撮った方で、監督だけでなくプロデュース、脚本、全てご自身でされる方です。秋田に生まれ、早稲田大学教育学部社会科学科を卒業。北斗映画、岩波映画製作所などで野生動物の記録映画やテレビ番組の演出に携わります。
1981年に(株)群像舎を設立し代表となり、今に至ります。今回は東日本大震災以降、福島の生き物達が、どうなっていくかを記録したドキュメンタリー映画『福島・生きものの記録』です。古希を過ぎて岩崎さんはこの仕事に取り組むことを決め、必要とあらば、放射線が高い所までも入ります。私も映画をみせていただきました。ツバメ、牛、犬、猫、サル、猪、イノブタ、モグラ、ネズミ、、、人も離れた放射線の高い福島の沼に健康な渡り鳥が何百羽も何も知らずに飛来し、沼で食べ物をついばむ映像は、美しいだけに恐ろしくもあり、やがてまた他国へ渡って行く…その隣の土地には汚染物を入れたブルーの袋が積み上げられて…この先どうなるかわからない福島の生き物達に、岩崎さんができる事は記録を残すことだと。。。エンドレスな題材に取り組み、今はシリーズの2を制作中。

詳細は群像舎HPをご覧ください。

jl

10321_2

続いては、邦楽打楽器奏者の仙堂新太郎さん。演歌の世界の方はお付き合いがあるかもしれませんが、猿之助さんのスーパー歌舞伎の音楽も担当されていて、その世界では世界をまたにかけた大変な方なんです。【鼓】を知らない方はいないでしょう!?私は触れたことはありませんが、♪イヨォ~、ポン!なんて誰でも出来るなんて言ったら大間違いのようですf^_^;) 皮は百年くらいの馬の皮で、値が付けられないとか。演奏の度に張り直し、湿気によって響きが違うからレコーディングする場合はレコーディングルームに30分くらい置いて、その場に馴染ませ音を作るのだそうです。鼓がどんなにデリケートな楽器であるかを教えていただきました。仙堂さんはいろいろな楽器とコラボしていて、例えばビワとバイオリンそして鼓とか。11月2日に中野のゼロホールであるジャズピアニスト、穐吉敏子さんのコンサートに声がかかった仙堂さん。今までは人間国宝の方で、今回コンサートの前日にあるリハーサルでOKが出たら仙堂さんにお願いしますと…やって見なければわからないとはいえ、キビシー;^_^A
仙堂さーん、キメチャッテくださいなー!ポン☆

コンサート詳細は仙堂新太郎さんのtwitterをご覧ください。

10月 3, 2013 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AMラジオ~恋の予感~:

コメント

真知子姉さんのこの番組、ゲストが その道のスペシャリスト、エキスパートな方々ばかりですね。
非常にこちらとしても勉強になります。

投稿: 真知子姉さんファン | 2013年10月14日 (月) 16時03分

本当に恋の予感に来る方はすごいかたばっかりですね。
話もすっごくはずむんだろうなあと思っちゃいます。
真知子さん、おしゃべりも上手ですから(*゚▽゚*)

投稿: 明石のかもめ | 2013年10月16日 (水) 22時09分

真知子様
秋吉敏子さん体調不良のためコンサートが中止となりました、今の時点で連絡が取れないそうです、心配です、そして残念です。

投稿: 仙堂新太郎 | 2013年10月18日 (金) 09時42分

コメントを書く