« 35thAnniversary 'Amor&Smile'Tour in 横須賀YTY | トップページ | Afternoon Paradise »

2013年9月23日 (月)

"わ"で奏でる東日本応援コンサート in 気仙沼

923

昨日まで続いた狛江、出身地の横須賀と連日のコンサート&ライヴでテンションも高く興奮冷めやらぬまま、東北新幹線は一ノ関で下車し、そこから車で1時間。宮古(blog 9/8 参照)に続いて今回は気仙沼へ来ました。街のお店の軒先や壁には、まだ津波の海水が来た跡が残り、地盤が1m沈下した所は土を盛って作り直してあるので、段差がある二重のガードレールを見るとわかりますが、写真やテレビではわかりにくいのだそうです。今でも満潮になると道の両脇は海水が来て鏡のようになってしまうとか。やがて街中のそこには…津波で流された解体作業中の大きな船が横たわり、昨日までの余韻はそこで全て消えました。言葉も失くシャッターを押しながら、こんな大きな船をここまで流すなんて、一体どんな波なんだろう!?山沿いの壁には震災直後の火事の跡が残り…、今はガレキも片付けられ人の手が入っているからどーにか見れるけれど、想像しようとすると恐ろしくなり、波が来たというより海が陸に移動した、そう思った方が近い感じです。

923_2
ライヴコンサート会場「ゲストハウス・アーバン」は結婚式場が主で震災後リフォームされて白を基調とした明るいイメージ。ジャズピアノの巨匠、前田憲男先生とランプシェードとのステージ、先生も右手はアドリブを弾き、左手でマイクを持って ピアノのアドリブとユニゾンで歌ったり盛り上げています。メン923_5バーもノリノリ!ならば私は『唇よ熱く君を語れ』でカットイン!一瞬でも今の日常から解放できたら、楽しくそれが少しでもパワーに繋がるよう歌とMCは軽快に!アンコールにはもう一度『唇よ…』皆さまの笑顔は格別で…抽選会も盛り上がりました。すると、会場のお客さまから思いがけないパワーストーンのブレスレットをプレゼント頂き感無量。名付けて〝底力ブレス″ありがとございまーす!

923_3
923_4 前田憲男先生をはじめ、パルケニックの池田さん、山口さん、くるみeeさん、主催の気仙沼ライオンズクラブの皆さん、特別協賛のSEIKOホールディングスの八高さん、大森さん、お疲れ様でした。大変お世話になりありがとうございました。

明日はアフパラがあるから、"ニモ号" でスタッフの方に送っていただき、一ノ関まで戻ってまいりました。

9月 23, 2013 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "わ"で奏でる東日本応援コンサート in 気仙沼:

コメント

まだまだ、震災の爪跡は残っているのですね。
現地に行かないとわからないことがたくさんあるのですね。

真知子姉さんの応援は届いていますよ。
きっと。

投稿: 真知子姉さんファン | 2013年10月14日 (月) 18時57分

まっちゃんはGぱん似合うなぁ~以前デニムの上下で歌っていた事がありましたよね⁉しかし人間のナント非力なコト痛切に感じます(´-`)自然の猛威マエでは…備えあれば憂いでも10メーター超える波では(・_・;どうしようも⁈

投稿: 川ちゃん | 2013年10月14日 (月) 20時53分

復興はまだまだですよね。まっちゃんの歌で本当にみんな元気づけられると思います。ガンバッテまっちゃん、ファイト

投稿: 明石のかもめ | 2013年10月14日 (月) 22時26分

素晴らしいです!
僕も見に行こうと思っています。
HIDE

投稿: HIDE | 2013年10月15日 (火) 00時26分

コメントを書く